先日思いつきでPowerBookG3 Wallstreetを入手して、古き良き時代を楽しんでいますが、せっかくクラッシックな環境を手に入れたので、ゲームだけでなく他にもいろいろ遊んでみようと、現在のMacの仮想環境内でレガシーなOSを走らせてみることにしました。オールドMacのエミュレーターは幾つか存在しているのですが、今回は「SeepShaver」というエミュレーターを使ってみます。

オールドMacのエミュレーターには、他にも「Basilisk II」という古いエミュレーターが存在するのですが、なんと驚いたことにSeepShaverは現在も開発が進行中です!

Wikipediaによれば、SheepShaverは1998年に初めてリリースされたときは商用ソフトウェアだったようですが、BeOSのメーカーであるBe社の消滅後、2002年にオープンソースとなったようです。BeOS懐かしいなぁ。

SeepShaverはオランダのアムステルダム在住のRonald P. Regensburgさん(日本語だとロナルト・P・レーゲンスブルクと表記したらいいのでしょうか?)という方が中心となって開発を継続しているらしいです。いまだに開発を続けてるとか凄いですね。…というわけで、早速インストールしてみたいと思います!

スポンサーリンク




目次

  1. 必要なもの
  2. インストール方法
  3. インストール後すぐにやっておきたい設定
  4. まとめ

1.必要なもの

必要なものは下記の通りです。

  • Mac OSのインストールCD(Mac OS 8.5 or 8.6 or 9.0.4のパッケージ版)
  • CD-ROMドライブ搭載のオールドMac(Mac OS ROM入手のため)
  • Mac OS ROM
  • SeepShaver (ver. 2.5)

本来、SeepShaverは漢字Talk 7.5.3〜Mac OS 9.0.4に対応しているのですが、なぜ必要なインストールCDに括弧書きで「Mac OS 8.5 or 8.6 or 9.0.4のパッケージ版」としてあるかというと、後述する「Mac OS ROM」の入手がしやすいからです。というわけで、Mac OSのインストールCDはMac OS 8.5 or 8.6 or 9.0.4のパッケージ版を用意しましょう。

とっくの昔に手放して手元にないとしても、これらはまだヤフオクなどのオークションか、下記バナーのリンク先のような中古ショップ等で入手可能なようです。

次に「Mac OS ROM」について少し説明を加えておきたいと思います。このMac OS ROMですが、68kや初代PowerPCの頃までは、マザーボード上のROMソケットに入っていた(Old World ROMと呼ばれている)のですが、初代iMacからシステムフォルダ内に移された経緯がある(New World ROMと呼ばれている)のです。そのようなわけで、Mac OS 8.5 or 8.6 or 9.0.4のインストールCDがあれば、そのシステムフォルダ内からMac OS ROMをコピーするだけで、簡単に入手できてしまうのです。

ちなみに、Mac OS ROMの入手方法は他にもあります。それは「TomeViewer」という旧環境のフリーソフトを使って「Mac OS ROM Update 1.0」から吸い出すやり方です。

※「Mac OS ROM Update 1.0」は元々Appleから提供されていたものですが、現在ではAppleからの配布は終了しているようです。しかしミラーサイトからなら現在でも入手はできるようです。Googleで検索してみてください。
※ 実は68kや初代PowerPC時代のROMが入手できるサイトは海外にはあるらしいのですが、ライセンス的に問題があるように思いますので、ここでは一切触れません。

Mac OS ROMの入手方法 その1:Mac OS 8.5、8.6、9.0.4のインストールCDからコピーする方法

では、Mac OS 8.5のインストールCDを実機に挿入して、システムフォルダ内を覗いてみることにしましょう。

インストールCDをCDドライブに挿入して、CDのシステムフォルダを開いてみると…

この「Mac OS ROM」を何らかの方法で、現在のMacにコピーします。現在のmacOSとのAppleTalkを使ったファイル共有は不可能なので、一番手っ取り早い方法は旧OS側の「Web共有」を使ったやり方だと思います。「Mac OS ROM」をDropStuff等のフリーソフトを使って圧縮して、現在のMacからブラウザ経由でダウンロードします。「Web共有」のやり方について、ここでは省かせてもらいますが、検索してもらえれば手順を理解してもらえると思います。

Mac OS ROMの入手方法 その2:TomeViewerを使った取り出し方

「TomeViewer」を使った入手方法については詳細を省きたいと思いますが、下記のブログ記事で詳細に解説されていました。実際に自分でも取り出してみましたが、うまくいきましたよ。

TomeViewerよる「Mac OS ROM」の抽出方法:
http://kakonacl.xsrv.jp/~kakonacl/douga/sheepshaver/sheepshaver.html

Mac OS ROMの入手が完了したら、今度はMac OSのインストールCDをイメージファイルにします。SeepShaverからCDを参照するには、イメージファイル化する必要があるのです。

ディスクユーティリティを起動して、インストールCDを挿入すると、デスクトップにマウントはしませんが、ディスクユーティリティ上では認識するので、それを選択した状態で、「ファイル > 新規イメージ > Mac OS ***** からイメージ作成」を選択します。

次いで、ファイル名はそのままか任意のものとした上で「フォーマット」を「DVD/CDマスター」にし「暗号化」は「なし」に設定してから「保存」をクリックします。

イメージ作成には少々時間がかかりますが、数分で完了するはずです。作成が完了すると「*****.cdr」という拡張子付きのイメージファイルが保存されますが、この拡張子を「.iso」に変更しておきます。

インストールCDのイメージ化が完了したら、最後に「SeepShaver」をダウンロードします。下記からダウンロードしてください。

SheepShaver builds for Mac OS X, links and downloads

ダウンロードはアプリケーション本体以外に「folder.zip」が必要となります。上記のピンク枠で囲った二つのデータが必要となります。

重要:

SeepShaverは現在も開発中のため、今後もSeepShaver本体はどんどん更新されていくと思われますが、万一最新版の動作が不安定な場合は、当方で動作確認した「SheepShaver_notarized_20200315.zip」をダウンロードされることをお勧めします。

※ 「sheepshaver_notarized_20200315.zip」については、Mojave 10.14.6、及びCatalina 10.15.6で正常に動作することを確認しました。

2.インストール方法

SeepShaverの各zipファイルをダウンロードしたら解凍してください。解凍したらSeepShaverのフォルダの中にSeepShaver本体を移動しておきます。

またそのフォルダ内に、先ほど用意したインストールCDのイメージファイル、Mac OS ROMも移動しておきます。

最後に、SeepShaverフォルダを「アプリケーション」フォルダに移動させておきます。このような状態になっているはずです。

これでインストール完了です。SeepShaverを起動してみましょう。最初の起動では、フロッピーディスクの中心に?が点滅する状態の画面が表示されるはずです。これ懐かしいですね。

この画面を確認したら、メニューバーの「SeepShaver > Preferences」を選択してください。

次いで、その画面の「Add…」をクリックして先ほどイメージ化したインストールCDを追加します。また「Create…」をクリックして仮想ハードディスクを作成しておいてください。「RAM Size」はお好みで適当なサイズに調整しておきましょう。

「ROM File:」ですが、SheepShaverと同じディレクトリの場合、ファイル名が「Mac OS ROM」である限り自動で認識するはずですが、他のディレクトリにある場合や、理由があってファイル名を変える場合は、ここでディレクトリを指定します。

「Unix Root:」ですが、ここに特定のディレクトリを指定しておくと、そのディレクトリが「Unix」という外付けディスクのように扱われ、デスクトップにマウントされます。これを設定しておくと、ファイル共有するのにとても便利なので、是非設定しておきましょう。

これでようやくレガシーなOSを起動できる状態となりました。次に再起動する必要があるのですが、なぜかSeepShaverをQuitできません。しょうがないので、Dock上のSeepShaverアイコンをOptionキー + 右クリックして、強制終了します。

さて、改めてSeepShaverを起動してみましょう。

おー起動しましたね!笑顔のMac OSの画面!

仮想ハードディスクが初期化されていないので、名称を決めてフォーマットします。

無事インストールCDから起動できました。

あとは、インストールCDの指示にしたがってインスールするのみです。

3.インストール後すぐにやっておきたい設定

インストール後すぐにやっておきたい設定を幾つか。

3-1.クラッシュ対策

今回インストールしたのは、Mac OS 8.5なのですが、インストール直後は「Mac OS 設定アシスタント」が自動で起動するようになっています。しかし、なぜかSeepShaverとの相性が非常に悪いようで、しばらく画面を開いて操作しているだけで、急に操作を受け付けなくなることが多発しました。そして、その都度、強制終了…。

Mac OS 8.5以外のOSでも同様の現象が発生するのか確認はしてませんが、ひとまず起動時に毎回「Mac OS 設定アシスタント」が起動しないよう、システムフォルダの「起動項目」からこのエイリアスを削除しておいた方が無難だと思います。

3-2.サウンド設定

Mac OS 8.5及び8.6で同様の現象が発生するようですが、コントロールパネル内にデフォルトでインストールされている「モニタ&サウンド」のサウンド側に問題があるようで、なぜかビープを含めたサウンドが一切鳴りません。以下の方法で解決します。

  • 「Macintosh HD / Apple エクストラ / サウンドコントロールパネル / サウンド」をコントロールパネル内に移動。
  • 「Macintosh HD / Apple エクストラ / モニタエクストラフォルダ / モニタ」をコントロールパネル内に移動。
  • 「Macintosh HD / コントロールパネル / モニタ&サウンド」をコントロールパネル外にバックアップ

移動とバックアップが完了したら「Macintosh HD / コントロールパネル / サウンド」を開いて「サウンド出力」で「内蔵スピーカ」を選択し閉じてから、再起動するとサウンドが鳴るようになります。

3-3.ネットワーク設定

基本的にスタンドアロンとして使用するにしても、インターネットや自宅LANに繋げてある状態だと何かと便利です。以下の設定でネットワークが参照できるようになります。

「SeepShaver > Preferences」を選択して「Miscellaneous」タブをクリック。一番下の「Ethernet Interface」に「slirp」と入力。その後「Save and Quit」をクリックして再起動します。

ちなみに「Slirp」とは、Linux系では古くからあるネットワーク関連の仮想化プログラムのことで、ダイアルアップの時代のSLIP接続とのやりとりをソケットに見せかけるためのプログラムのようです。

この設定を行うと、LANだけでなくインターネットも開けるようになりますが、古いブラウザでインターネットを閲覧することには注意も必要です。まず最近当たり前となったSSLのサイト(「https://」で始まるURL)は、暗号プロトコルが異なるため、古いブラウザでは開くことすらできません。HTML5で書かれたサイトもCSSが読み込まれない可能性があります。加えて、様々な脆弱性の問題もありますので、インターネットの閲覧には注意してください。

3-4.キーボード設定

SeepShaverフォルダの中にキーワードマッピングに関する「keycodes」という設定ファイルあるのですが、これがデフォルトのままだとどうしても押せないキーが出てきてしまうようです。例えば、かなの「へ」と書いてある「^(ハット)」と「~(チルダ)」を入力するキーなどです。それで「keycodes」の設定ファイルに多少細工をする必要が出てきます。

まずは「keycodes」のバックアップをとってから、テキストエディタで開き357行目以降の「cocoa (SDL2)」のマッピング設定のみとして他の設定は削除しておきます。修正したファイルは「keycodes.cocoa」などとして保存しておきます。

今度は「SeepShaver > Preferences」を選択して「Miscellaneous」タブ内にある「Use Raw Keycodes:」のチェックを入れて、改変した「keycodes.cocoa」の方を選択しておきます。こうすることで現在のMacとのキーマッピングがより似た状態になります。

しかし、それでもなお、現在のMacのJISキーボード配列と完全に一致するわけではないので、あとは好みで各自「keycodes.cocoa」を改変してやってください。

修正のやり方ですが、1列目の数字には触れずに、2列目と3列目をカットして、入れ替えします。タブと半角スペースをごちゃ混ぜにしないよう注意しながら作業してください。

下記は修正例です。

修正前:
409行目:47 33 # [
410行目:48 30 # ]
431行目:49 42 # \

修正後:
409行目:47 39 # ‘
410行目:48 33 # [
431行目:49 30 # ]

これで「`(バッククォート)」「[](大カッコ)」の位置が正しくなります。…とはいえ、Shiftキーを押した場合との組み合わせまで一致させるような完全な変更はできないので、気にならなければこの修正は不要かと思います。

参考記事:
SheepShaver:Mac OS8.6 コントロールパネルの微調整とQuickTime
羊用バリカンの使い方/SheepShaver

4.まとめ

クラシック環境が廃止されたのが2003年。既に17年が経過しているわけですが、現在のMacで古いOSの仮想環境が使えるなんて本当に楽しいですよね!特に、いつ壊れるか分からないオールドMacの環境を仮想環境としてずっと残しておきたい、と言う方にはピッタリではないでしょうか。

その他の実用上の用途は…正直ほぼないかもしれませんが(笑)少なくとも、古くからのMacファンなら懐かしさのあまり感激してしまうかもしれませんね。

とにかく、開発を継続してくれているRonald P. Regensburgさんに感謝ですし、今後のバージョンアップにもぜひ期待したところです!!

今後、当時のゲームソフトやアプリケーションソフトをインストールしてみて、気が付いた点などがまたあれば、記事にしてみたいと思います。